日本自動車鑑定協会様

eye_image1

Q-1. 導入を決めた経緯や理由を教えてください

ユーザーの問合せをしっかりホームページへも取り入れていこうと思って、ホームページリニューアルをしようと決めました。 よくある質問(FAQ)もその為に今回のリニューアルで追加した項目なので、これからいただく問い合せの内容も、適宜ホームページに反映していきたいです。

Q-2. 製作期間中に苦慮したこと、大変だったことがあれば教えてください

写真1

苦手な分野ということもあり、原稿を考えるのが大変でした。
これまでホームページを作る際に色んな制作会社と打ち合わせを行ってきたんですが、どういう風に自分のイメージを伝えれば良いのか、というところが難しいと思っていました。
今回も「自動車」というイメージで押したくはなかったのですが、「自動車」に関するホームページというイメージはトップのカバーから伝えたかったので、このニュアンスをどう伝えてよいかが悩みました。でも、いただいた写真はイメージにぴったりでした。

Q-3. 今後ホームページをどう活かしていきたいですか

写真2

協会の信憑性を高めていきたいと思っています。その為にも、鑑定検査に関することやユーザーさんが求めていること等をホームページを通して発信していきたいと思っています。
将来的には、アンケート等で意見を取り入れてみたいですね。鑑定の内容が本当にユーザーが求めている内容なのかは、現段階では分からない部分もありますので。よりユーザーに近い内容を今後は届けていきたいと思っているんです。
特に、鑑定の内容とユーザーがイメージしている車両の状態とのギャップを今後埋めていきたいですね。その為にも、ユーザーの声を集めるしくみをホームページを通して作りたいと思います。

Q-4. iValueのどのような点が良かったですか

もともとインクレイブにシステムをお願いをしていた経緯があったので、今回相談しました。
ホームページの内容も車両の評価に関わる部分だったので、協会の活動内容や鑑定の現場が分かっている会社との方がやりやすいという点がありました。協会の活動内容は複雑な為、他社にお願いすると活動内容を理解をしてもらうまでに時間が掛かってしまいますし。
提案の内容としては、特にモックアップが良かったです。協会の信頼性をホームページからは届けて行きたかったので、ホームページ全体のイメージも信頼性が感じられるものが良いなと思っていました。提案時のモックアップには、信頼性や健全性を伝える為に必要なものだけが揃っており、過度なものが無くて好感が持てました。

Q-5. お客様に向けたアピールをどうぞ

写真3

車を選ぶときのひとつの参考にしてもらえるようなホームページにしていきたいと思っています。
中古車となると車両の状態が分かりづらい環境であり、こちらが設定している基準がユーザーの価値観とは異なってしまう部分もあります。最終判断は現車をみてからしてもらった方が良いのですが、今後は鑑定結果の情報だけを見て、現車を見ずに購入してもイメージと異ならないような仕組み作りや情報展開をしていきたいです。
ダメージ情報を将来的にはホームページ上から確認ができると良いですよね。ユーザーの満足度を近づけ、高めていくことが協会の目標でもありますので、どういった情報がユーザーが必要としているのか、その為に必要なことはなにがということを今後調査していきます。

PLUS1  インクレイブ・iValueに対する今後の期待やリクエストはありますか

今で十分満足はしているんですが、強いていえば先ほど言ったアンケートのしくみなんかは今後欲しいですね。ストレスなくアンケートが取れると良いかなと思います。


jaaa

〒143-0016 東京都大田区大森北1-26-2愛知家ビル4階
http://www.npo-jaaa.or.jp/    TEL:03-5493-5030

日本自動車鑑定協会(NPO法人JAAA)は、消費者の中古車に対する不安感や不信感を払拭するために仕組みと環境創りに取り組んでいます。常に中立な立場で活動することで、人々の生活と社会に明らかな変化をもたらし豊かな車社会を目指してまいります。

制作実績を見る 

ページ上部へ戻る